女性宮家案に憂うこと 

民進党がまじで不安な様相なので。メールや手紙を書いたほういいんじゃないかと思った。直系長子の提言ぐらいしてほしい。今の自民より言うだけましなんだから。自民党、維新が何をしてくれただろうか。息苦しいことこの上ない。悪夢の10年だった。と言えるようにしたい。

 

これからの皇室は天皇の傍系ひ孫あたりまで血縁が離れたら最初から姓を名乗って、近影の公表も公務への参加もしなくていいと思うし、皇族の本業がないから住居、就職も自由でいいんじゃないでしょうか。

教育費は親の支出になってしまうので、そもそもの宮家当主への支給額の設定は考え直さなければならないかも?

皇族と一般人の堺は今よりあいまいになるけど、そもそも天皇の子孫だし、現代に適応させるなら、このほうがいいと思う。

戦前みたいに途中で賜姓して、臣籍に下るよりいいんじゃないかな。なんか落籍っぽいな戦前のやり方だと。そもそも皇統譜ってあれ必要なの?

そうしろって言ってるわけではなくてね。何が人間らしいあり方なのかを考えたいんです。

私は直系長子がより健康的な姿と思っていますが、女性宮家について考えてみます。

2段構え戦法は本当にあり得るの?

現行法律上は皇位を担える次世代の皇族は悠仁親王だけです。

ということで、皇統断絶の危機に備えて、内親王家を作らせようという案があります。

わたしは最初から内親王家をつくる前提がおかしいので、歪な結果を招くんじゃないかと気になっています。

内親王家案を提示した細野豪志さんは、応急処置的発想だから女帝まで考えてはいなさそう。三浦瑠麗さんのような知識人のなかには、まだ女帝まで踏み込まない人もいるようです。所功さんのように愛子内親王家を新設せよと明言する人もいます。

法改正の戦略として女性宮家+女帝女系帝の2段構え戦法は有効なのか判断できません。ただ女性宮家案が本当に成立すれば皇女の存在感が増すのは確かです。

しかし女性宮家を言う人は女帝まで考えていないように思います。

そもそも、一般の感覚では直系の愛子内親王こそ皇太子にふさわしいという潜在的希望があるのは事実だと思います。愛子内親王は、例えばあのリレー、絵本を読む、相撲などの具体的イメージがあり、親近感を持つ要素が多いのです。

皇位の有資格者、悠仁親王はあまり近影が公表されず謎めいた存在のままです。

前回却下された女性宮家案

野田政権時代の女性宮家案において絶対男系主義者は反対でしたが、女性の人権を守るという観点からも反対があったわけです。

30年前ならいざ知らず、今段階での改正となると、必ず現代人が納得できるように人権尊重をクリアしなくてはなりません。

前回頓挫したのは、安倍さんが首相に返り咲いたことも大きいですが、これらをおさえて、女性宮家案が通るのかという疑問があります。

その上、愛子内親王が宮家を主宰するようなことがあれば、その時点で傍系の宮さまになったことを決定づけてしまいます。

そういう不安から女帝待望のものからも反発が出てしまわないでしょうか。

現在の傍系宮家はどういう存在か

ときどき・・・戸主制度が全く想像できない私からすれば、なぜ「宮家」という枠にこだわるのかという気持ちになることもあります。もっと、家全体のことではなくて、単に称号という扱いにできないでしょうか。

大事なのは皇室に誰がいて、ロイヤルファミリーといえば、あの何人のことだというイメージだと思います。

そして、傍系であって皇位を継ぐ可能性が低い宮家は、子どものいない夫婦もあったし、そもそも結婚しないまま宮家を興した人もいました。

お世継ぎプレッシャーを皇太子夫妻が一手に背負う状況は、大正天皇(嘉仁親王)の時代から変わらなかったのではないでしょうか?

ここで、悠仁親王の一人では不安という前提で内親王家を立てるということになれば、必ず、結婚して出産するための宮家ということになってしまう。今の時代だと、自然に任せるのでなく、必ず不妊治療せよというプレッシャーになるでしょう。

もちろん天皇と皇太子に何かあれば、宮家の当主が皇位に就くことは十分あり得ることです。

しかし、直系の子が継ぐという大前提があるのです。

少なくともここ最近、宮家に生まれた子がいつか天皇になってやるという野望を持ったのでしょうか?

三笠宮やその御令息方は傍系皇族として、皇室を一般にPRしたり、学問の進歩に生きがいを見出だしていましたよね。

悠仁親王の予備が前提なら、地位が不確定すぎる

ここまでくるとまるで、悠仁親王がはじめから子に恵まれないかのようですね。

とはいえ、弟の代わりに子を産む、この感覚は生理的に受け付けないですよ。

しかも制度としてそれをさせようとしている。

ほかの人はどう思っているのでしょう。あの日から続く厭忌を。

眞子内親王と彼の年齢差はたしか15、6歳ほど開いていましたよね。

となると、眞子内親王と悠仁親王の子どももそれくらい離れるのが自然です。

眞子内親王の長子には「あなたが将来の天皇候補」と言い聞かせて育てるのでしょうか?

弟宮に継嗣がうまれたら、既に16歳くらいになっているその子を混乱させてしまいます。

男系女系は無意味だし、愛子内親王の序列が下がってしまうのは本当に耐えがたいですが、仮の想定として考えます。

悠仁親王が男子を得たら、眞子内親王以下の内親王家に生まれた子どもたちは皆女系子孫だから、皇位を継ぐ可能性は限りなくゼロになります。彼の子が女子のみなら、もう女帝にさせるでしょう。やはり同じことです。

男系男子しか認めないなら内親王家は一代で終わらせる制限をつけなくてはいけません。

しかし一代限りなら、子に皇族の身位を与えられません。

もし、悠仁親王に一人も子がいない場合。かなり長い間、身位を持てなかった人が即位する事態も考えなければなりません。

そして、悠仁親王に継嗣ができないといつ判断できますか?50歳で子供が生まれる男性もいます。その時、内親王家の子は何歳でしょうか?

悠仁親王が男子と女子のそれぞれに恵まれた場合。その女子は宮家を持つのでしょうか?兄弟が何人かいれば持たない可能性が高いのではないでしょうか?

おばたちは宮家を持ったのに彼女だけ降嫁になったら、未来人には、かなり許しがたいことでしょう。その時はやはり女系容認論が再燃する。それとも、また一代限り宮家でしょうか。

このたび内親王家を考えるとすれば、天皇にならないという制限を付けて宮家だけ世襲させる案をつくるかもしれません。

ただこれは、

本来皇族として生まれなかった可能性のある人を世襲を根拠に生活保障すれば、それは貴族制度の復活じゃないでしょうか。

なにか・・・結局、現状の固定にしか過ぎない。この先状況が変われば、その都度問題が出てしまう!

皇室に何かあるたびに、貴重な時間を使って、特例法を出すのを繰り返すんでしょうか。

そのこと自体が皇室の体力低下を招くのではと考えてほしい。恒久的な方法を目指さないということは、何を言いつくろっても、皇室はなくなっていいと言っているのと同じことです。

わたしは天皇主義者じゃないんですよ。でも、ここまで想像してしまうんです。

もっと、「人」の気持ちを考えてください。

そして皇室内に原則として、天皇になれる宮家となれない宮家の2段階の身分を作ることにもなります。

皇位の継承資格が皇族の身分保障をする根拠なのではないですか?

内親王が結婚して皇室に残っても、一代限りなら実質的なご降嫁です。

彼女たちが皇位継承資格なしに公的活動をするなら、身分保障の点を再考しなければならないのではないでしょうか。せめて、男子優先・女帝女系可にまで寛容にならなくては制度として維持できません。

いずれ起こるねじれ現象

傍系継承と女性宮家が並立すれば、序列の入れ替えがおきて、混乱することは目に見えています。

今は、皇太子と秋篠宮系列の親王しか目に入っていないから、表面化しないけど予想を書きます。

新天皇(徳仁)即位、皇太子、皇太孫の適用できる皇子はいないため不在になる。

◆天皇(徳仁)在位中の出来事・・・

愛子内親王婚姻により宮号を賜る。子は親王もしくは内親王。あるいは無位。

眞子内親王が婚姻、父・秋篠宮が存命なら眞子内親王家として独立。子は王もしくは女王。あるいは無位。

佳子内親王が婚姻、宮号を賜る。(常陸宮号を受け継ぐこともできる?)子は王もしくは女王。あるいは無位。

悠仁親王が婚姻、本来なら秋篠宮の継嗣だが、内廷待遇されるかのか悠仁親王家として独立するのか不明。子は王もしくは女王

◆秋篠宮が即位

愛子内親王は佳子内親王より序列下位になる。

悠仁親王が皇太子に就位する。彼の子は親王・内親王に繰り上がる。

眞子内親王が秋篠宮家の当主となる。眞子・佳子内親王の子は親王・内親王に繰り上がるか、無位のまま。

◆悠仁親王が即位

悠仁親王に男子があれば、皇太子となる。女子のみなら、やむをえず女性皇太子とする。

天皇(悠仁)の子の下に眞子内親王とその子孫、佳子内親王とその子孫、

その下にやっと愛子内親王とその子孫が並ぶ。数年前の父帝在位中まで、皇后に次ぐ女性の筆頭だったのに、序列がかなり後退することになる。これはなかなか衝撃的だ。

◆悠仁親王が子を成さず崩御・退位した場合

筆頭宮の眞子内親王が死去していた場合、優先的にその子孫が即位する。女系天皇となる。

ここで直系長子優先、男女平等の継承が実現し、

皇室の序列・皇族の地位が落ち着く・・・・・ってながいわ!

コレ、5、60年は先なんじゃねーの( `ー´)ノそんとき一般社会にどんだけ置いてかれると思ってんの。

今でも既に遅れてるんだよ?むしろ皇室無為無産不要論、いらだちからくる過剰バッシング、なんであの人たちだけ守られてるの?ゴクツブシっていう反発。そういうのに耐えられなくなるよ。

それを見せられるコッチの身にもなってみてくださいよ。今だってもう辛いのなんの。もう支えられない。

そもそも内親王家だけ容認となれば、天皇(徳仁)が在位中は悠仁親王の女子は女王です。彼女の存在は不安定にならざるを得ないのではないでしょうか。その時は、もう女帝女系容認せざるを得ないでしょうけどね。それとも見て見ぬふりかしら。この15年と同じように

公的活動の前提は、皇位の有資格者とその家族によるものでなくては整合性がない

さて、現状において、宮さま方は皇位の有資格者であっても血のスペア(この言葉作ったの誰?)という自意識はなく、皇室を維持するために公的活動に勤しまれてきた印象があります。皇室の生命力を保つための活動という感じです。

女性宮家は表題は「公務の分担」を言っておきながら、むしろ、これまでの宮さまと違って、妊娠出産を露骨に突き付けているように見えてならないのです。

皇室は世襲を理由に身分を保持しています。その世襲制度への理解を広めるために公的活動があるとします。ならば、皇位継承できない内親王が公的活動をする根拠は何でしょうか。

結婚し、独立しても弟、いとこにぶら下がる印象を持ちました。弟の扶養あつかい、弟に常に左右される人生、そうとしか見えません。

応急措置的な内親王家設立は犠牲が多い、親王妃の負担軽減にならず差別構造を強くする

皇位継承の資格がない女性宮家は皇族の中に2段階の身分を作ることになり、かえって差別性の強い皇室制度になってしまうのではと危惧しています。

女性は宮家当主にはなれるが、皇室の当主にはなれない。これを肯定すると、日本社会は差別を放置するどころか可視化させて強化することになります。

プラスして先ほど書いた通り、内親王家の子の地位が不確実です。

また、内親王家に子が生まれたとしても、男系の枠を外さない限り悠仁親王妃の世継プレッシャーは軽減しない。

7度出産した香淳皇后、男児に恵まれなかった皇太子妃(雅子)の例のように結局直系の妃が男子を産まないことには始まらないのだから。結局わずかな保険にしかならない。

そもそも、まだ、皇族が20名ほどいる段階での皇太子妃の不例をどう解釈しているのだろうか?

細野豪志さんはカンが悪いな。もっと潜在的な期待を掘り起こさなければ総理は狙えないですね。

男児出産プレッシャーの根絶と、女帝待望を言う政治家を待っているんですよ!!それがリアルなんです。

結び

  • 女性宮家の前提を皇統の維持とするなら、男子優先に女帝・女系帝を加えなければ、つじつまがあわない。

  • 天皇を盛り立てるための公的活動の維持だけを前提とするなら、皇族としての身分保障を改めなければならない。

  • 皇位は世襲のものである。皇位を世襲できないものを国家が身分保障すれば貴族制の復活になる。

もう、典範を破棄して、天皇の裁量で、親王・内親王宣下する時代に戻さなきゃダメなのかね。

仮に、「内親王」は称号でなく身分なので、降嫁した一般人が内親王を名乗ることは身分制の肯定になる可能性がある。こういう議論が野田政権の時に出ましたよね?なら、宮号贈賜ならいいのか?

たとえ活動するにしても、清宮のような有名人としての文化活動が限度だと思うし、それで十分ではないでしょうか。日本中が顔と名前を知っているってことが一番大事でしょう?

ご降嫁予定の人に継承資格を与えず皇籍を認めたら、一部にアンフェアな受け止めを与える危険性はないですか?

わたしは、年の近い彼女たちがそういう環境のなかで生きるのを見たくないです。

下げるのは簡単だけど上げるのは無理なんですよ。だからもう、皇籍復帰論は無視していいですよね。

こんなに書いたけど。

直系長子優先、皇子と皇女の立場を平等にすれば、もっと安定するのだが、なぜそこを訴えないのだろうか???

かなり譲歩して、まずは人によって違う女性宮家というあいまいな概念を用いず、

男子優先・女帝女系帝容認を標榜してほしい。

もしかしたら、あいまいだからこそ押しきれると思ってるのかしら?

男系派の人には悠仁親王が頑張れば杞憂ですよっていえばいい。皇籍復帰論もあとから付け足せばいいでしょってごまかしときゃいいじゃん。

宮家って思うと混乱や矛盾が出るので、もっと個人を見てほしいな。

それで、直系長子まで道を通すなら期待するのですが。まだ分からないことが多いね。

みんなが求めてるのは愛子内親王の即位です。姑息な皇統維持ではありません。

広告

女性宮家案に憂うこと 」への11件のフィードバック

  1. 東宮家を応援している者なので想いには好感が持てますし、女帝が見たいお気持ちもよくわかるのですが、この女帝論はだいぶ疑問です。
    「天皇位に男女どちらがつくか」は宗教的戒律であって、日本人のその時代の「現代感」「平等感」「多数決」などとは全く無縁です。朝廷に政権があり、男子がつくとどうしても流血が避けられない場合などに女性にお願いすることはありましたが、現代ではそれも考えられません。
    よって神勅が定める皇孫が、祭祀を司る長としてお立ちになります。125代が、「皇孫とは皇胤を持つ者」という解釈で天皇位を繋ぎました。古代、生物学的防衛のために血を見分ける必要がありましたが、それが由来して「家観念」が成立しました。皇室(家)の胤を後世に継ぐ者が天皇位の資格を持ちます。

    1. 太一さんコメントありがとうございます。コメントがほとんどないブログなので嬉しいです。
      いくつか疑問点がありますのでお答えいただけたら幸いです。

      文中の宗教的戒律とは何をさしますか。女性で祭祀をする女官さんは存在していました。女人禁制は仏教由来ともいわれています。祭祀における男女の別のことですか。

      また、公的に日本社会が皇室を支えるのなら、皇室の私事である祭祀と切り分けなければならないのではないですか?そもそも論なのですが、そこまで私事にこだわるのなら、一般のファミリーになる選択肢も存在します。いま日本は民主主義で祭政一致とはいきません。

      宗教的戒律があるのに、女性にお願いできたのはなぜですか。

      文中の皇胤とは何を指していますか。

      神勅が定めるとはどういう意味ですか。誰がなにを定めているのですか。

      生物学的防衛のために血を見分ける必要とはどういう意味なのか教えていただけますか。

      それが由来して「家観念」が成立とは何を指していますか。

      皇室と一般社会の連動については以前記事にしているのでどう思ったかコメントいただければ嬉しいです。

      沢山ぎもんを並べてしまいました。どれか一つでもお答えお持ちしています。

      1. こんばんは。ご質問ありがとうございます。簡単にですが回答申し上げます。

        >文中の宗教的戒律とは何をさしますか。女性で祭祀をする女官さんは存在していました。女人禁制は仏教由来ともいわれています。祭祀における男女の別のことですか。
        >神勅が定めるとはどういう意味ですか。誰がなにを定めているのですか。

        天皇家に関して宗教的事由と言えば神道や宮中祭祀のことになります。
        内掌典などの官職と天皇に課された命題は全く違います。天皇の祭祀は神勅により命じられたものです。
        神勅は天照大神が子孫に授けました。三大神勅のひとつです。

        【天照大神の神勅】
        吾が兒、此の寶鏡を視まさむこと、當に吾れを視るがごとくすべし。
        與に床を同じくし、殿を共にして、斎鏡と為す可し。

        【訳】
        わが子よ、この鏡をご覧になる事は、私を見るのと同じであると考えよ。
        この鏡をお前の住む宮殿内に安置し、お祭りをなすときの神鏡にしなさい。

        この「吾が兒(わが子)」は「自分(神)の子孫」で、神はこの鏡を自分と思って祭りなさいと言っているわけです。それが三種の神器の一つ、八咫鏡です。
        神勅が天皇が祭祀王である理由です。
        神職はそれを補助する官職ですので天皇ほどの戒律は負いません。それでも女性の女官は月の穢れなどで宮中に入れないことがありますよ。これも戒律ですよね。

        神道(宮中祭祀)はこの戒律(神勅)を以って天皇を天皇と認めています。
        天皇の子なら誰でもなれるわけではなく、前提として「皇位を世襲できる者」「子孫に継承権を渡せる者」が即位を認められます。

        皇室に生まれた女性は神の胤を受け継いで生まれましたが、胤を次代に渡せません。世襲が不可能なのです。
        それが女帝を避けた最大の理由です。

        >宗教的戒律があるのに、女性にお願いできたのはなぜですか。

        女帝に一点共通することは「男宮を待つ」ために存在したということです。皇位を預かることができますが、継承権を引き継ぐことはできません。男宮はみな父宮から権利を与えられ、女帝は自分だけでは継承権を与えることができません。
        宗教的なことの質問でしたね。
        女帝時代は中止された祭祀が存在します。また女帝のための斎服(祭祀時の正式な衣装)は存在しません。正統な祭祀主として認められていなかったか、少なくとも想定がなかったと思われます。

        >また、公的に日本社会が皇室を支えるのなら、皇室の私事である祭祀と切り分けなければならないのではないですか?そもそも論なのですが、そこまで私事にこだわるのなら、一般のファミリーになる選択肢も存在します。いま日本は民主主義で祭政一致とはいきません。

        政教分離ですよね。祭祀王を元首に選んでおいて今更何を言うのかなと私などは思っています。戦後日本はここに大きな矛盾を抱え続けていて、真面目にそういうことを言う人はありますよ。
        つまり、天皇家は宗教王でのみあって頂き、憲法が定める国事行為から外れていただけばよい、というような・・。でもコロコロ総理大臣が変わる日本に、大統領制や英国のような単なる王政が可能な気はしません。現実的には無理だと思います。
        明治期は天皇の祭祀は公的行事とされていました。日本人は腹を括って明治期の法に戻してよいのではと思います。

        >文中の皇胤とは何を指していますか。
        胤を訓読みすると「たね」です。わかりやすく言えばY遺伝子です。
        でも神武天皇のY遺伝子を今も引き継いでいるんだ!みたいな非科学を言うつもりはありません。遺伝子は数代で組み変わっていくというのが現代の常識です。

        >生物学的防衛のために血を見分ける必要とはどういう意味なのか教えていただけますか。

        本能的に近親婚を避け、広い交配でDNAを強化することで生物は種の保存を図っています。血が濃くなると病気や障害に極端に弱くなります。
        天皇家は逆に、生命に危険を冒してでも、権威を守るために近親婚を繰り返した時代があります。

        >それが由来して「家観念」が成立とは何を指していますか。

        「近親の血を避ける」ために生まれた観念が「家系」です。日本は古代より家父長制をとって、男を家長として血を見分けました。
        前述のように皇室は特に厳しく世襲が求められる家です。
        藤原家など外の家からいくらでも嫁を連れてきていたのに、男性はお一方たりとも皇家の籍に入ったことがありません。
        これが家を継げる(天皇位に即位できる)のが男子のみであることの所以です。男子のみが胤を持ち、世襲祭祀王を繋ぐ生物学的可能性を持っています。

        私は学者でもありませんので、説明がわかりにくいところがあれば、さらにご質問なさってください。
        どうぞよろしくお願いします。

  2. 迅速なお返事ありがとうございます。
    ところで、HNの読みはたいちさん?たいいつさんでしょうか?

    神道に戒律とのこと。戒律というワードは仏教のイメージです。
    神道はまじない的な自然習慣に基づく、土着的民族宗教だと思ってました。
    戒律が明示されているのですか?神道の修業は戒律の元厳格になされるのでしょうか。

    >天皇ほどの戒律は負いません
     「天皇ほどの戒律」とは何を指していますか。

    あなたが皇位の継承に宗教を見出しているのは分かりました。
    象徴天皇制に根本的に反対ということですね。信教の自由がある国で政教一致主義なのですね。
    そのほうが現実的でないことにはお気づきですか?
    戒律に従って国を統治するという理想がおありなのですね。イスラーム世界の理想のようです。
    そんなきびしい国だっけ日本って。もっといいかげんじゃない。

    では、現実的な質問をしてみます。これはわたしとあなたの問題です。
    事物を浄・不浄でわけ、月経を血の気枯れとするかんがえ。
    女性は不浄だからという発想につながり、女性劣位の底調を感じてしまいます。
    あえて書きますが不浄の発想は、出身や病気、障害による差別につながらないでしょうか。

    これでは現代女性として、耐えられぬほど皇室に対するむなしさを覚えます。
    わたしのように皇室に対し、齟齬を感じる向きを、あなたはどう解決できると思いますか?
    そもそも解決すべきとお考えになったことはありますか?

    皇室が国民一般から無視されてしまえば、日本社会に生き生きと内在することができなくなりますよね?
    はたして天皇の胤の理論を他者に理解され受け入れられることが、永続的に可能でしょうか。
    将来的に国内においてさえ、奇妙な風習を維持しているだけのファミリーという受け止めになりはしないですか?
    日本は海外ともつながっており、狭い範囲の問題に収まらないのはお分かりだと思います。
    ここが明治期と違います。戦争、身分制度、皇国臣民という価値観はいまや否定されています。
    差別構造の残置が日本社会を毀損することだってあり得ます。

    >女帝時代は中止された祭祀が存在します。また女帝のための斎服(祭祀時の正式な衣装)は存在しません。
    >正統な祭祀主として認められていなかったか、少なくとも想定がなかったと思われます。

    特権階級の男性中心の時代なのだから当然ではないでしょうか。女性は深窓にいました。
    その理屈だけを男女が平等になった現代に復帰させようとするのはなぜですか。
    世が世なら、教育も受けられなかったかもしれないあなたがそれを言うのはおかしいですね。
    あなたが昔からの高貴なお家柄なら的外れですから、ごめんなさいね。
    後桜町天皇のwikiには
    「大嘗祭・新嘗祭の装束としては、御斎服・帛御服があるが、前者は男子同様の仕立てで髪型が大垂髪であることだけが異なり、後者は白平絹の裳唐衣五衣である。」
    とありました。このことは別、無関係なのですか。
    出典がどこか示していただけると私の理解が早いです。

    >男子のみが胤を持ち、世襲祭祀王を繋ぐ生物学的可能性を持っています。

    しかし、皇女も胤を受け継いでると書いている。
    「わかりやすく言えばY遺伝子です。」といったそばから、「遺伝子は数代で組み変わっていくというのが現代の常識です。」
    と書いている。これらの自己矛盾はどう乗り越えたのですか?

    皇女の血統も天皇のちすじ(皇胤)に違いないのではありませんか。であるなら世襲に問題があるとは思いません。
    あなたの言う胤を持つとは射精なのですか?その話を見ず知らずの人にするのって非常識ですよ。
    皇胤を精子の意味で使えば、いつ誰に対しても礼を欠きますよ。
    Y遺伝子説はあなたが否定しました。

    >天皇家は逆に、生命に危険を冒してでも、権威を守るために近親婚を繰り返した時代があります。

    推古天皇のころですか?このころは皇室でなくても豪族は異母兄弟の結婚がタブーでなかった。
    そういう習慣だったとしか言えないのではないですか。
    生命に危険を冒してでもとはあなたの後付けでないですか。

    >「近親の血を避ける」ために生まれた観念が「家系」です。

    以前の韓国のような同姓不婚の厳しいルールは日本にはありませんよね。前提に疑義があります。なにしろ、現代日本でいとこ婚は法的に可能です。
    昭和天皇も同族婚です。

    あなたが言うところの宗教的価値観・神話に立脚しているのに、本能とか生物学的とか
    遺伝子とかおっしゃるのはちぐはぐな感じを受けました。
    天皇でも誰であっても人間として尊重し、モノ扱いしないように心がけることが肝要です。

    >藤原家など外の家からいくらでも嫁を連れてきていたのに、男性はお一方たりとも皇家の籍に入ったことがありません。
    >これが家を継げる(天皇位に即位できる)のが男子のみであることの所以です。男子のみが胤を持ち、世襲祭祀王を繋ぐ生物学的可能性を持っています。

    藤原家は格式高い名門ですよね。かつては五摂家という家柄から天皇の配偶者が選ばれていたようですね。
    家柄選びは相当厳選されていたようです。
    しかし、今は正田美智子さんはじめ、原則どなたでも結婚できます。婚姻のフレンドリー化ですね。
    それが男性にまで及ばないとするのはなぜでしょう。
    たとえば、側室所生のお世継ぎは正室が実子と称して育てました。明治・大正天皇がそうですよね。
    そのような現代とあまりに異なる婚姻・養育体制からの変革についてお考えになってみてください。
    子どもは勝手にどこかの腹から生まれてくる。男の子が育ったらお世継ぎにすればいいという時代は終わったのです。
    「男性はお一方たりとも」とは、婚姻の歴史を単純化しすぎではないですか。

    天照が「吾が兒」としたのに、
    >皇室に生まれた女性は神の胤を受け継いで生まれましたが、胤を次代に渡せません。世襲が不可能なのです。

    と神でないあなたが、あえて皇位継承者の範囲を狭めるんだと断言する理屈は何ですか。

    矛盾した部分について、完璧でなくていいのでお考えを示してみてください。

    1. すみません少し多忙にしておりました。お待たせして申し訳ございません。

      >HNの読みはたいちさん?たいいつさんでしょうか?

      「たいち」です。世の端の端からですが皇祖神にお仕えする職業にありますので、敬ってこの名を頂くこととしました。

      >土着的民族宗教だと思ってました。
      >戒律が明示されているのですか?神道の修業は戒律の元厳格になされるのでしょうか。
      >天皇ほどの戒律」とは何を指していますか。

      確かに神道は一般人や氏子に戒律や経典を示しませんから、宗教ではなく民間信仰だ、土着的文化だといった表現もされますね。
      しかし、神職には着るものから所作から知識から、私生活に至っても規則を課しますよ。
      ましてや天皇は神職トップですから、厳しい規則に従って生活なさっています。
      これは聞いた話ですが、岩山の上にある相当厳しいキリスト教の修道院の人が、伊勢の神職たちの生活やお勤めを聞いて「日本の神道が世界一厳しい戒律を持つのではないか」と発言されたほどです。天皇や祭祀主に対する戒律は確かに存在するのです。

      >象徴天皇制に根本的に反対ということですね。信教の自由がある国で政教一致主義なのですね。そのほうが現実的でないことにはお気づきですか?

      何が「現実的でない」のかあなたの仰る意味がわかりませんが、それは天皇の親政でも想像しているんでしょうかね。全然違いますよ。
      象徴天皇でよいです、呼び方はなんでも構いません。
      国の元首(国権の源泉)を天皇にしたいんだったら、その根拠である祭祀を国事の第一義として保証せよと言っているだけなんですよね。
      現実的に言いましょうか?今、大臣たちは毎度、神道の祭祀王から権威と地位をもらって国権を動かし、国会は天皇が開会しなきゃ始まらないんですよ。
      つまり現行法が現実に追いついていないと申し上げているだけです。ただ、この議論は本論とは少しズレているので終わりたいと思います。

      >女性は不浄だからという発想につながり、女性劣位の底調を感じてしまいます。

      正確には違うんですよ。ケガや病気の男性も穢れになりますからね。
      女性は確かに生死を預かる身体の構造をしているから、神前から遠のく印象はありますけど、その遠近をもって差別だ劣性だと考えるのはあまりに文化無視であると思います。
      男女がそんなに同列でありたいのならば、男性にも子孫を産める身体を与えろと叫ぶべきではないでしょうか。私は身体能力や宗教の戒律による役割分担は当たり前と思いますよ。しかもその分担は神職にしか与えられていません。

      >これでは現代女性として、耐えられぬほど皇室に対するむなしさを覚えます。
      >わたしのように皇室に対し、齟齬を感じる向きを、あなたはどう解決できると思いますか?
      >そもそも解決すべきとお考えになったことはありますか?

      神道や皇室について相当な基礎知識のあるの方でしたら私も対話を考えますけど・・厳しいようですが、あなたは知識ゼロベースでイデオロギーになびいているだけのよくいるおフェミさんです。本来は解決の必要など感じません。勉強しないのだから。
      もちろん普通の国民は皆このレベルですから、恥ずかしいことではありません。意見したければ、なぜ千年以上そうであったか、対象をよく研究することです。

      そもそも皇室が持つ戒律はどの時代も、「国民の」「現代の」「女性の在りかた」等は意識したことがありません、全く無関係に戒律を保守しています。
      キリスト教会が「聖書も旧いんでそろそろ書き換えようか」などと言わないのと同じです。

      >皇室が国民一般から無視されてしまえば、日本社会に生き生きと内在することができなくなりますよね?
      >はたして天皇の胤の理論を他者に理解され受け入れられることが、永続的に可能でしょうか。

      戦後、GHQの国体・皇室の弱体化、教育の改悪がなされて以降、守るべき最大項は何かがわからないあなたのような日本人が増えました。
      教育内容がこのままの状態で進むと、かなり危険と言わざるを得ません。
      ただ、現在のところは国会の答弁などでも「皇統は男系・万世一系」となっていますので、あと半世紀はこの常識が覆ることはないと考えます。

      >日本は海外ともつながっており、狭い範囲の問題に収まらないのはお分かりだと思います。
      >ここが明治期と違います。

      何か国際社会や国際化をカンチガイなさっている発言と思います。明治期は国際社会に向けて、「我が国の国柄」を示すために皇室家法の明文化がすすめられました。
      我が国が示す男系皇統は何一つ変わっていません。
      何を根拠に「諸事情や革命のため男系継承をあきらめ、王家を廃絶してしまった」、「王室がないから仕方なく大統領制を敷いた」、文化の浅い「セカイ」に迎合する必要があるんでしょうか。
      自国の男系・一系継承を憲法に書け、欧州を真似る必要はない、と逆に日本を諭してくれたのは王室を失ってしまったドイツの学者たちですよ。

      >身分制度、皇国臣民という価値観はいまや否定されています。
      >差別構造の残置が日本社会を毀損することだってあり得ます。

      もしこういうお考えであるならば、東宮殿下や内親王殿下をお慕いする理由は随分不純なんですね。
      伝統や文化、国体の毀損を目指して女帝だ女系だというのであれば、殿下方にこれほどの失敬はない。いっそ「皇室を解体したい、打倒天皇」と言いなさい。

      >特権階級の男性中心の時代なのだから当然ではないでしょうか。女性は深窓にいました。
      >その理屈だけを男女が平等になった現代に復帰させようとするのはなぜですか。
      >後桜町天皇wiki

      女帝に天皇の祭祀が伝わりにくかった、挙行のない神事があったことが女性蔑視であるならば、天皇の成り代わりである斎王の代々が内親王であるはずがありません。
      「その理屈」とは差別や蔑視なのでしょうが、申し上げた通り前提は崩れました。
      皇室という家の「跡取り」は男性に限られており、女性は命の限りその跡取りを産み育てる荒行を担当したまでです。歌舞伎役者たちが男性であることを女性蔑視だと言わないのと同じです。
      後桜町天皇の斎服は天皇の黄櫨染御袍に「相当する」だけであって、単に女性の祭祀用装束です。伝統的に女性用として用意された禁色のものではありません。日本後記に書かれていますが、勅命により女性の着用は禁じられています。
      祭祀はご不例も多く、四方拝はとうとう伝わりませんでした。

      >しかし、皇女も胤を受け継いでると書いている。
      >「わかりやすく言えばY遺伝子です。」といったそばから、「遺伝子は数代で組み変わっていくというのが現代の常識です。」と書いている。これらの自己矛盾はどう乗り越えたのですか?

      この男系血統がどう現代まで伝わったか、本当に知らずに皇室や継承に言及しているのですか・・?
      皇子に伝わった皇胤は子に伝わるが、皇女(男系女子)に伝わった皇胤は、子に伝わることがないと言っているんです。

      これを現代の知識でわかりやすく言うとY遺伝子が伝わるかどうかだ、という例え話が出るだけであって、遺伝子という物体そのものは世数が進めば変っていってしまうため、説明はしきれるわけではない、というだけです。
      例えば今上天皇は明治天皇と同じY遺伝子を持っているでしょうが、皇祖である光格天皇からは何代も経ているため、同じY遺伝子ではないかもしれない。皇統は顕微鏡で証明されるものではないことはお分かりですよね。でも、皇統は父系で続いていると明言できます。
      全く矛盾していません。
      そもそも古代、遺伝子という知識はありません。でも人類には、すでにY遺伝子が示す観念は持っていたということです。それが家系とか家父長制です。

      >皇女の血統も天皇のちすじ(皇胤)に違いないのではありませんか。であるなら世襲に問題があるとは思いません。

      前述の理由で世襲できません。
      内親王殿下は清子さまから引継がれ、伊勢の祭主となられるのではと思います。

      >今は正田美智子さんはじめ、原則どなたでも結婚できます。
      >それが男性にまで及ばないとするのはなぜでしょう。
      >側室所生のお世継ぎは正室が実子と称して育てました。

      皇胤がないからです。ない者が即位するとその時点で神勅による祭祀権が失われ、天皇は天皇である根拠をなくし皇統が断絶します。
      これによりもう一つ証明されることは、皇室は基本的には女性を蔑視しないということですね。政治不安がなければどの身分の女性でもよいのです。美しいと聞こえてくる女性を田舎に探しに行く天皇の話も随所にあります。
      皇子の母親の出自に拘る理由はあくまでも政治的理由です。同じく皇胤を持つ弟宮たちよりも強い後ろ盾があり、即位に正統性がなければ争いの元です。

      >「男性はお一方たりとも」とは、婚姻の歴史を単純化しすぎではないですか。

      大事なことなのでも何度でも書きます。男性はお一方たりとも皇室には入りません。

      >神でないあなたが、あえて皇位継承者の範囲を狭めるんだと断言する理屈

      ???私が断言しているのではなく皇統が125代をかけて狭めてきているんですよ。学校では習いませんし、理解できないあなたに説明して差し上げているだけです。
      お言葉ですが、神でもないあなたが皇統を勉強もせずに口を出せる理屈は何なんでしょうか?

      ■質問
      先ほど書いた下記について
      >身分制度、皇国臣民という価値観はいまや否定されています。
      >差別構造の残置が日本社会を毀損することだってあり得ます。

      もしこういうお考えであるならば、東宮殿下や内親王殿下をお慕いする理由は随分不純なんですね。
      伝統や文化、国体の毀損を目指して女帝だ女系だというのであれば、殿下方にこれほどの失敬はない。いっそ「皇室を解体したい、打倒天皇」と言いなさい。

      これについて、女帝や女系を推す理由が、「身分差の廃絶」「皇室解体」を狙ってのことであるならば、またそれが結論であるなら正直に回答してください。私は共産主義の人間とは議論の必要がないと考えていますので、その時点で対話を終了します。

      1. あなたのこれまでのコメントを受けつつ私の価値観を示します。

        太一さんは皇祖神をおまつりする職とのこと。
        皇室と神道の厳しさがコメントから伝わりました。
        そして、その厳しさを大切にされていることも伺えます。
        伝統を守り伝えることの尊さは理解しているつもりです。
        神話に立脚した、天皇は祭祀王であるとする所もわかりました。

        私の出発点は「愛子内親王が好き!」です。
        2001年のご誕生の喜びが今日まで続いているのです。
        小学生のころからになります。
        彼女の努力には胸がいっぱいになるし、頭が下がる思いがします。
        このような方が直系で現れたという貴重な時間を大切にしたいです。

        私は神道の深淵に触れることがかないません。
        しかし、専門家以外は皇統の問題に関われないとすると、
        国民一般は無関心でいいということになってしまいます。

        日本国憲法・第一条「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、
        この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。」となりました。

        私は国民として華族制度が無くなった。国民主権になった。
        こういう世の中で、どんな皇室の形がふさわしいのかを
        考えたいと思っています。

        つまり、もーっと目線を下げて、その他大勢の私たち市民にとっての皇室って何だろう
        と考えたいのよ。ヲタク目線でなく。

        いま、日本国は基本的人権が尊重される世の中になった。
        それなのに人間である天皇は人権を棚上げして日々、お勤めしなければならない。
        皇室を抱えるのに矛盾のある体制になっています。

        そこを分かったうえで受け入れつつも、しかし、少しでも改善して、
        未来に進めてほしいと思っています。

        現代社会と皇室を分離させて考えれば楽かもしれない。
        でも皇室も人間がやってることなんだよ。
        この先も一般社会と皇室との矛盾に耐え続けなきゃならない。
        私たちの君主だもの。どうしたらいいか考えたいよ。

        これが共産主義、皇室打倒、戦後教育の悪癖に見えるのならしかたない。

        太一さん含め、わたしたち自身はすでに身分の無い社会で生きています。
        そういう社会が支え続けられる皇室の形とはなにか、見つかるといいですね。

        さきほど第一条に示したように、天皇は憲法に根拠を持つ日本の王だと思っています。

        わたしは伝統をより良い形で「安定して」伝えられるのは直系長子相続だと
        思っているということです。

  3. 15年前雅子様は、古くからの規則に縛られて、男子を産めという回りからの期待感のプレッシャーの中で、辛い不妊治療をしてやっと授かった大事な命。それが愛子様です。雅子様が、不妊治療してまでやっと授かった大事な命なら男女関係なく雅子様にとって、かけがえのない大切な存在です。だからこれからの皇室にとって、大事な事は、天皇になられる方は、イギリスやオランダの王室のように、男女関係なく直系の長子が後を継ぐというふうにした方が、跡取り問題の事で、水面下で、弟夫婦と争わずに、ややっこしくなくて、ごちゃごちゃと混乱しなくていいのではないかと思いました。
    男子関係なく天皇に即位する事ができるつまり女帝も認めるように皇室典範を変えて行った上で、さらに女性宮家も男子関係なく継ぐ事ができた方が、これからの宮家が衰える事なく安泰するのではないかと思いました。

    1. コメントありがとうございます。短くていいのでHNを付けてくれると受け手としては嬉しいです。(^^)

      皇太子妃に男子誕生を望むプレッシャーを最も与えていたのは、「日本の市民」だったんじゃないか。
      そういう反省の元で法律を変えていけないだろうかと思います。

  4. NAさんへ 2度目の投稿ありがとうございます

    不妊治療のあるなしに関わらず、「命は等しく尊い」ものです。
    しかし、そこに追い立てられる苦しみは筆舌に尽くしがたいものがありますね。
    こればかりは内実がほとんど公表されないので我々は推察する他ありません。
    ただ、子どもの誕生に関与するのは「お母さん」ばかりではないと思います。

    後段に関してですが、
    わたしも年々考え方が変わってきていて、
    親王様の誕生の経緯には以前ほど興味を持てません。陰謀論の域をでないのです。

    ~~~
    もちろん今後の皇子誕生に際して起こりうる「倫理の問題」として
    話し合う必要はあると思います。
    そーんなことよりも、まず日本社会でもそれが解禁される可能性は充分あります。
    我々の社会はどこまで許認するのかという問題として取り組む必要があるとは思います。
    ~~~

    わたしが気にかかったのは
    お誕生に際して自然妊娠であったことを
    あえてテレビで発表されたことは、
    「赤ちゃんのプライバシーを守る」という観点が抜け落ちているのではないかということ。

    それだけです。

    日本に皇室があるのは日本人がこれを置くことを認めているから、
    だから皇族の苦しみがあるんです。皇室がなければ皇太子妃なんて存在してないんです。

    公の場にでたり、移動のために駅に寄ったりするたびに
    「お子さんはまだ?」「男の子が生まれるといいね~」「○○歳を過ぎると妊孕力が落ちるんですよ(^^)」
    などと言ってくるヒト!いたんじゃないでしょうか?
    子どものころ特番でそういうの見て、いまでも結構ショックなんですよ。

    彼女にプレッシャーを与えたのは日本人自身つまり「わたし」です。

    最後に小さな男の子が生まれて傍観を決め込んだのも、やはり日本人の「わたし」でした。

    つい長くなってしましました(;・∀・)ごめんなさい
    皇室を人権の問題として考えて変えてってほしいですね。

  5. 一番、まっとうな意見を見ることができ、うきうきとしました。私と多々、同意見の方とお見受けします。愛子天皇になると女性の心が解放される。重い鉛(アメリカはガラスの天井)の蓋がやっと外される、なぜ、人数的に多少多い女性が男性に生き様でとがめだてをされるのか、そっちが持ってるものはすべて女性にもよこさねばならない。男尊女卑の無理なへ理屈はいらないの、正しいのは私。

    1. こんにちは、朝臣さん
      女性の心と天皇って語りにくいところでしょうが、無関係ではないですね。

      >愛子天皇になると女性の心が解放される。重い鉛(アメリカはガラスの天井)の蓋がやっと外される

      今思い返すと、彼女の誕生によって皇室でも女の子が排除されない時代がきたんだ!
      という高揚感が皇室に興味をもつスタートだったと思います。

      今日、この記事を読み返すとまどろこしい表現が多く、大変読みにくい記事でした。
      コメント本当にありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中