即位の礼は徳仁さまのご家族全員で!愛子さまの成年は豊かな気持ちでお祝いしたい

愛子内親王の成年はいつどのような形で迎えられるのか?

退位&即位スケジュールが差し込まれたことによって不確定要素が大きくなってしまったので整理しました。

平成30年退位は愛子内親王の年齢を考えると非常に微妙な時期ですね。現在の皇室の在り方(なし崩しな部分とかたくなな部分があること)に照らし合わせて考えると本当にそう思います。

愛子内親王略年表

生誕前後のエピソードは愛子さまが生まれた日―皇太子さまと雅子さま妊娠から出産までの軌跡―が詳しいです。

2001年 平成13年 0歳■宮内庁病院にて誕生
2002年 平成14年 1歳
2003年 平成15年 2歳
2004年 平成16年 3歳
2005年 平成17年 4歳
2006年 平成18年 5歳■学習院幼稚園入園■初めての外国訪問(オランダ)

■初めての大相撲台覧■着袴の儀

2007年 平成19年 6歳■2回目の大相撲台覧■初めての電車乗車体験
2008年 平成20年 7歳■学習院幼稚園卒園■同初等科入学
2009年 平成21年 8歳■神宮球場で野球観戦
2010年 平成22年 9歳
2011年 平成23年 10歳■3年ぶりの山手線電車乗車
2012年 平成24年 11歳
2013年 平成25年 12歳
2014年 平成26年 13歳■学習院初等科卒業■同女子中等科入学■武蔵陵墓地へ初めて参拝

■三重県伊勢神宮へ初めて参拝■高校総体を初めて観戦

2015年 平成27年 14歳■(7月)初めて戦争展示を鑑賞
2016年 平成28年 15歳■(3月)初めて本格的な美術展鑑賞■(4月)学校行事単独取材(オール学習院演奏会)■(7月)奈良県橿原市神武天皇陵を初めて参拝■(8月)最初の式典参加(水を考えるつどい)■最初の地方公務(長野・山の日)
2017年 平成29年 16歳■(3月)学習院女子中等科卒業■(4月)同女子高等科入学
2018年 平成30年2016年8月天皇メッセージから推察すると改元の可能性有 17歳※今上天皇譲位か?

譲位ほぼ確定

2019年 平成31年?2017年1月12日報道・・・元日改元がほぼ公表されてしまった・・・新元号元年 18歳※皇室の家族法、皇室典範では皇太子の成年は18歳と定められているが・・・(2016年、選挙権年齢が18歳に引き下げ。国民の成人年齢は早くて2020年に引き下げ可能性あり)
2020年 平成32年?新元号2年 19歳※大学1地年生の夏に東京オリンピック・パラリンピック開催予定※皇子たる内親王として、あるいは皇太子として参加あるかも
2021年 新元号3年 20歳※12月1日成年式

今上天皇退位の意向が2016年にNHKにリークされ国政や世論が反応しだしたころには、次の天皇の娘として愛子さまの存在感が強まっていくと期待感を持っていました。

しかし2017年1月12日の報道で改元スケジュールがほぼ公表されてしまったことで期待が危機感に代わってしまったのです。天皇の発表より報道が先行することに対してのもやもやがいつも残ります。

愛子内親王の成人は現行通りなら2021年です。新元号3年にあたります。国民の成人年齢18歳引き下げが早くて2020年か2021年でしょう。国民と比べると1年か半年ほど間が空きます。慣例なら成年式はそのまま2021年12月だろうとは思います。前もって宝飾品の準備期間が必要だろうからです。

成人年齢18歳に引き下げへ 政府が民法改正案を来年の通常国会に提出

しかしご存知の報道の通り、譲位日程が決まってしまっているのだとしたら、2019年秋までに即位の御大礼が執り行われることになります。

2017-01-12.png

2019年元日に新天皇即位、新元号は事前公表

その時愛子内親王は18歳目前、高校3年生の17歳です。式典に十分望める年齢ですが、成年までわずか2年とちょっと、という非常に微妙な日程です。しかも、そのころは18歳成人が世間で浸透しつつあるかもしれません。

女性皇太子として地位が確立されていれば18歳で成年式。前倒しして即位の大礼の参加は確実視されただろうと思うと胸が痛いです。

わたしは式典でお顔が見たいし、もちろん裳唐衣(十二単)の格調高い正装姿が見たいのです。皇室においても装束は特別な重要な時しか身に着けません。しかも女性の成年式には男性の加冠の儀にあたる裳着の式もありません。あとは結婚の儀の時だけなのです。(彼女の即位礼もあると期待していますが・・・)

絶対に似合うと分かっているのに、成年に達していないばかりに女性皇族方で唯一皇后に次ぐ高い地位の方の姿がない、正装されない可能性があるなんて私は考えても見ませんでした。紀宮は五衣唐衣裳の大正装で儀式に参加しました。天皇の配慮でしょうか、降嫁も小袿の略装ではなく同じ裳唐衣で臨まれました。娘への愛情の発露でしょう?愛子内親王だってもちろん参加されますよね?全員でお祝いされますよね。五衣唐衣裳をお作りになりますよね?成年前だから裳はつけられないということはないでしょう。裳着の式がないのだから。(本当は女性皇太子には裳着やってほしい)

私は当時をしらないが、紀宮成年式は昭和天皇崩御で延期され非常に印象が薄くなったようです。

その証拠に成年の儀の写真がいくらネット検索しても出てこないのです。この家系図を作成するときに若いころの真顔で正面で映りのいい写真を探してもほぼゼロでした。末っ子として愛されたらしい宮の存在感がないのです。世間からほっとかれる代わりに自由(仮)だったとでもいうのでしょうか。

崩御~即位スケジュールが挿入されたことによって紀宮成年が小さくなってしまったと推察できます。長年国民に親しんだ女一宮である清子内親王の20歳のティアラ正式写真の公表がはないのはあまりにも寂しいです。

わたしは、天皇の娘である愛子内親王が家族の一員として尊重され、排除されることなく温かい歓声のなかにお目見えされることを望みます。

オランダ王のように家族で祝福にこたえる姿は本当に睦まじくわたしたちにとって嬉しいものなのです。皇室はそういう風に変わってほしいです。

img_news.jpg

a0153807_139143.jpg
日本の今上はこういう風にできますか?
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中