プリンセスの愛犬―由莉についてまとめると―

誕生日の公表写真にたびたび登場する愛犬「由莉」の基本情報と

東宮における動物たちとの交流について

 

基礎データ

名前 由莉(ゆり) 現在5歳 メス 柴犬のミックス犬

AS20141130002282_comm

出会い

1241252528306

2009年4月25日、愛犬として飼われ始めた。

生後2カ月で捨てられ保護されていたところを、親しい動物病院を通じて譲り受けたという。

東宮では長年「ピッピ」と「まり」という2匹の犬を飼ってきたが、まりは同年2月に老衰で死亡。

愛子内親王の心情も踏まえ新たに子犬を迎えることになった。

東宮職によると、「残されたピッピのためにも、若い犬と一緒にさせた方がいいと動物病院からお勧めがあった」という。

このとき、ピッピは犬としては高齢の13歳だったが同年9月に14歳で病死した。

命名の由来

014年2月23日 皇太子54歳お誕生日

内親王が先だって死亡した「まり」に似た名前として「ゆり」と名づけた。

以前からまりに似た犬を飼いたいという希望を持っていたという。

2010年12月、内親王9歳の誕生日に由莉という漢字表記がなされた。

漢字は家族で選んだという。

2009年8月13日 那須

広告

プリンセスの愛犬―由莉についてまとめると―」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中